LOG IN

生きぬけ 。

わたしのよくないところ。 なにか気がかりなことがあると  衣食住が疎かになっていく 。 シャツにアイロンをかけることも 面倒になったり、 色味のない食事 つまりはジャンクフードが多くなったり、荒れた指先にハンドクリームを塗ること、鍵をいつもの場所に置くこと。 いつもの"当たり前"ができなくなってしまう その怠惰な暮らしの中で 無くした時間も物も居場

すべてよし

食べるって生きること 呼吸をするって生きること 想うことって生きること 寝ること 纏うこと 黙すること 創造すること どれをとっても生きること 生きてるっていうこと 月日が流れるのは早いねって笑う あなたが隣にいるのも、 コンビニのアイスひとつで 幸せになれるのも、 生きてるから やね 。 もちろん たのしいことばかりじゃない。 苦労も悲しいことも きっと

一瞬の永遠

介護の 仕事をしていた頃。 毎日、おじいちゃんおばあちゃん に 「おはよう」 と言って握手をするのが 毎朝のあたりまえだった 。 『 おはようさん。今日もあんたの顔見れて心が晴れ晴れするわ。おおきんの~』 と、強くはないけど、シワシワの手 で握り返してくれるあったかい手。 優しい眼差しで 『なんや~あんたか~。よーこんな年寄りのとこに飽きもせんと毎

あいをしてる

自分がご機嫌でいられる場所をみつけた。それを自分で決めていいんだって教えてもらった。 自分のご機嫌は自分でとる。人の心なんて考えても考えても分からないので深読みしない事にしました。 諦めじゃなくて 、 希望だよ  。 本当のこと言うね。どんなことも許して生きていく他ない気がしてる。 許して許されて、許されなくても許して。どんなに許されないよ

明日のことなんて

最近は、いつ眠りにおちて、朝を迎えたのかわからない朝が続いてる。 これはなんだろう。 どれだけ眠っても眠たいものは眠たいに変わりはない。とりわけ、これといって変わらない毎日を過ごしてる。 でも、なにかに かき乱されることもなくて、あわただしい時間の中でも、たしかにひとつひとつを刻んで、呼吸を整えることができてる自分をみつけたんだよ 。 変