LOG IN

富岡大輝の話

by mariko


どうも、私です。こんにちは(誰)





先日 富岡大輝ホールワンマンライブ
"愛ってなんですか"に行ってきました。


去年のホールワンマンから1年。
それはそれは楽しみにしてた。


2年前の春。
初めて富岡大輝の歌声を生で聴いた私。
その頃は、まだ福井に住んでいて
彼の歌を聴くのはYouTubeやCDで
もちろんこれでもかってくらい
予習をして行ったし、人柄なんかも
blogで知ったつもりで行ったんだよね。


初めて目の前で歌う彼をみたとき、
わたしの知らない世界でギターを弾いて
歌ってて、それは私の知ってる
富岡じゃなかった。

いい意味で「 こわい 」とおもった。
CDでも映像でもない 生の歌声に
勝るものは無いってその時知ったし、
今こんなに良いのに これから
時が経って更に深みが増していったら、
この人はどんな歌を
聴かせてくれるんだろう。末恐ろしい...
そういった意味で「 こわい 」と思った



時間が経って富岡を知っていくうちに、
彼がどんな思いで音楽をやっているのか
少しずつ分かっていった。



...と、前置きをバババーっと
書きましたけど、本題は
今回のホールワンマンなんですよ。

さて、まいります。





富岡大輝のライブに行って、
私は本来なら暴れ狂う(語弊がある)人間
だったのだけど、今回ばかりは初めて
ライブを見る弟も一緒だってことと、
前列じゃなくて後から今までとは違った
角度から富岡の歌を聴きたいっていう
思いがあって、会場を見渡せる後ろの
席に座った。


18:00 〜開演〜

バンメンさん達が音を鳴らした瞬間、
すでに胸熱で泣きそうになった。

富岡大輝が意気揚々と、やってやるって
顔でステージに出てきた瞬間になんて、
もう今日はヤバいライブになるって予感
したと同時に、何ヶ月も楽しみにしてた
今日がとうとう来てしまったんだって
いう緊張と喜びと切なさと愛しさと心強さと←...
そんなハイブリッドな感情が押し寄せて
思わず拍手してた手をぎゅって
力いっぱい握ってた。

でも その時にヤバいライブになる
 " 予感 "が" 確信 "に変わった。



新曲 「愛ってなんですか」から始まった
ライブ。
いままでの富岡大輝の曲にはなかった
衝撃的すぎるメロディーラインとテンポ。
爆裂にかっこいいバンドサウンド。
音楽のこと全く詳しくないけどただただかっこいい。

"自分を愛せずして 誰かを愛せますか?
 何かを愛してる自分に酔ってませんか?
 神は私達万人を愛してくれますか?
 ねえ、誰か 僕を愛してますか? "

力強くどこまでも伸びる声で切々と
私たちに問を投げてくる。
そして自分に問うてる。

そんな姿が音が声が、もう、なんか
色んなものを超越してて鳥肌が止まら
なかったし、カッコイイの極みだった。


歌のレベルだけじゃなく、
魅せ方も格段に去年を越えてた。




あのステージの上をめちゃくちゃに
有効に使って暴れまわって、バラード
なんか込めすぎてステージに倒れ込む
ようなこともあったし、
言葉を詰まらせて歌う瞬間もあった。


込められすぎてて、苦しくなりすぎて、
知らないうちに涙が溢れて、着てた
ライブTシャツの胸元はこぼれた涙で
ずぶずふになった笑
(嘘のようでほんとの話)



富岡バンドとして、バンメンさん達に
囲まれてその真ん中で歌う富岡は
ほんとに幸せそうで、誰より輝いてた。

そんな富岡と一緒に音楽をすることが
楽しくてしょうがないって言ってる
みたいに音を鳴らしていたバンメンさん達。


そして、お客さんは彼らの音楽に応える
ように手を叩いたり、涙を流してた。



バラードとか背中を押してくれる歌で
泣きがちなわたしだけど、今回は
そんなの関係なく泣いてた。
ポップな歌でも涙が止まらなかったのは、富岡大輝がそこにいて、ほんとに楽し
そうに歌っててキラキラしてたから。


歌ってくれてありがとうって、
続けてくれて ありがとうって、
心底思った。



そんな、あの時の会場の風景をしっかり
覚えていられるんだから
 今回 後ろからライブを見れてよかった。



同じ日、同じ時間にあの場所に集って、個々がどんな感想を持ったかは知り得
ないけど彼の歌に浸ったり、涙をこぼ
したり、騒げたり、ただひたすらに
楽しくて幸せな世界だったよ。
こんな世界、最高に決まってるじゃないか



彼のライブには何回も行ってるけど、
どのライブが良かったか聞かれても、

全部良いもんだから答えようがない。



富岡贔屓が過ぎると言われるかも
しれないけど、ほんとのこといいます。
本当に歌い方も歌声もライブの魅せ方も
2年前とは全然ちがうし、音楽をやって
生きてる男の迷いも不安も葛藤も歓びも
強い想いも歌う姿から感じられて、
ほんとにかっこいい男になった。
(誰目線)



わたしが、あーだこーだ富岡大輝を
ベタ褒めしても誰かに薦めても

だれかが富岡大輝の歌声や 、
世界観を"好き"になるか
興味を持つか持たないか  は、
そんなの別問題じゃないですか。

実際に聴いてみないと、ライブに行って
みてからじゃないと分からないと思う。

行かなくたってCDで良いのは秒でわかるとおもうんだけど


私は、一度生歌を聴いてから富岡大輝
という沼にコロッとハマってしまった
側の人間なので ほんの少しでも気になる
のであれば、迷わず彼の歌を
聴きに行ってもらいたいなと思うんです。



誰のライブに行くの?と聞かれて
『富岡大輝です!』と名前を出しても
「へー!初めてきいた!」という声を
聞くと、私の中ではそれはそれは有名人なのに、そうか...まだまだ無名なミュージシャンなんだとその度に思い知らされる。



私は、ただのファンだから今の現状を
何ひとつ動かすことなんてできないけど、
「富岡大輝が大好きだ!!!」と胸を張って
言いまくるおひとり様布教活動位なら
出来ると思ってるからね 。笑


一回いってみて、「また聴きたいな」
「好きだな」と思うかどうかはもう
その日の富岡大輝の力量次第だとも
思ってるんで、富岡さんは心を掴んで
離さないような歌をどうか届けてあげて
ください(何様)




本題は今回のホールワンマンとかいい
ながら、書き始めたblogがいつの間にか
方向性が変わってきましたけどね、
えっとね、あのね、
あの.....もう1回愛ってなんですかライブ
みたくてしょうがないんですけど
どうしたらいいですか?
(つまりは良すぎた)



あの時間にはもう戻れないし、
また現実に打ちのめされて
ノックアウト寸前になることも
あるだろうけど富岡大輝の
あんな全力の姿を見ちゃったもんだから、

こっちも負けてられないです。

こっちはこっちで頑張ってみますし、
先のことは誰にも分からないけど
大好きな富岡大輝の「今」を
全力で大好きでいたいと思っている所存。




そしていつまで今の気持ちのまま富岡の
ファンでいられるか私にも分からない
けど、いつまでも愉快に富岡大輝を
見守れるファンでいたいと思った、


ライブの後、自分が富岡大輝を応援して
追いかけ続けている未来を
強く強く願った。



ライブの最後に富岡大輝が言ってくれた              

『ありがとう』の5文字


そっくりそのまま 、あなたにお返しします




「 あ り が と う 」






mariko
OTHER SNAPS