LOG IN

あと何度あなたと

by mariko


新年を迎えて 忙しい毎日を過ごしてる。


忙しさの中で、心にゆとりももてないで、大切な人に好きだということも伝えられない毎日だ。


2018年 
どうでもいいけど、どうでもよくないことをあげてみる。

・仕事前後にコンビニに寄らない
・空腹状態で寝る
・風呂は夜のうちに倒す
・フッ軽になる
・休みの日に引きこもらない
・自分の"たのしい"を重視する
・ダラダラしてる自分を責めない
・会いたい人に「会いたいです」って言う
・たまにはバカになる
・自分がご機嫌でいられる場所にいる



今あげた大半、できる気がしないけど。笑



こんなだらしない私は"恋愛体質"と言われることが多い。けど、なんかもう 新たに恋愛しようという気持ちはサラサラない。


特別かわいいわけでも、スタイルがいいわけでも、性格がいい訳でもない私のことを愛でてくれる人を大切にしたいと思う。


なにかに長けた人でも、素晴らしい人でもないけど、ただ変わらない温度で癒せて、寝る時 起きる時 穏やかな気持ちにできて刺激的でもあるそんな女がいい。

かわいいとか抱きたいとかじゃなくて、「傍にいたい」と真っ先に思われるような女になりたい。



どうなりたい、こうありたいって願望はたくさん浮かぶんやけど。
誰かと生きるといつも私は傷つけて、自分も傷つく。

小さな傷ほど痛むように小さな違和感ほどのちのち積もり積もって大きな傷になることに気付いたから。
途中で修正するのって大変だけど小まめな手当てでなんとかなることも知ったから。


大切にします。


あと何度あなたと手を繋いで、ご飯を食べて、体を重ねられるかなんて本当に分からないから、遠い未来まで一緒にいようっていうより、絶対に明日も傍にいるって約束してくれる あなたがいい。



私はこれからも浮いたり沈んだりきっと忙しい。
そんな道で 下を向くな、前を向けって言う人より「こっち向け」って手を差し伸べてくれる あなたの傍にいさせてほしい。


自分自身を好きでいられるほうをこれからも選択し続けるんな。






私の前途に光をありがとう。




今年もよろしく。


mariko
OTHER SNAPS